日ロICTビジネスミッション2018

Skolkovo in Moscow 
2018/11/19

2018年11月19日「日ロICTビジネスミッション2018」の一環としてSkolkovoの視察とイベントが行われました。

総務省主催の「日ロICTビジネスミッション2018」では日本から14のICT関連企業がロシアのスタートアップやそれに関する施設の視察を目的としてモスクワを訪れました。 SAMIは日本のSkylight Consulting社と共にツアーの企画とオーガナイズに携わりました。

Skolkovoはロシアが国主導で取り組んでいるロシア版シリコンバレーと呼ばれるイノベーションセンターです。

Skolkovo内の技術大学SkoltechとテクノパークではMotorica(IoT技術を活用した義手の開発と運用)やNavigine(センサーとクラウド技術による室内ナビゲータの開発と運用)といった今注目のスタートアップを視察しました。
視察ではオフィスやラボの見学やスタートアップからの製品紹介はもちろんの事、間近で開発中の製品を見たり、日本企業各社からスタートアップへの質疑応答があったりと短時間でもお互いの事業を理解し合えるような距離の近い視察となりました。


その後テクノパーク内にてロシアのスタートアップと日本企業14社によるピッチイベントが行われました。
IoT、VR/AR、AI 、そしてBig Dataなどの分野関わるオープンイベントであったため在露日本企業やロシアのIT企業から多くの方にオブザーバーとしてご参加いただきました。
初めに日本企業14社とロシアのスタートアップ、双方からプレゼンテーションが行われました。
登壇した日本企業は以下の通り。

 1.Tokyo Institute of Technology
 2.INFORMATION SERVICES INTERNATIONAL-DENTSU,LTD.
 3.DAI-DAN CO., LTD.
 4.ISID InterTechnologies, Ltd
 5.Canon IT Solutions Inc.
 6.Synamon Inc.
 7.ISID-AO, Ltd.
 8.Technosolution Co., Ltd.
 9.Team AIBOD Inc.
 10.UNIXON SYSTEMS CO.,LTD
 11.Doreming Co,. Ltd.
 12.Sojitz Corporation
 13.J&J Business Development Corp.
 14.Canal Globe, Ltd.

Startup Pitch Contest

その後ロシアのスタートアップからも製品紹介や活用例、日本企業とどんなコラボレーションをしたいかについてプレゼンテーションがありました。
ここでは日本企業だけでなくオブザーバーからも活発に質問が投げかけられていました。
小休憩の間にはスタートアップが実際の製品を見せたり、日本企業と通訳を介して談笑する姿が見られました。

その後skolkovo内にあるバーでアフターパーティーを開催。
イベント参加者が自由にそしてよりラフに話すことができる場となりました。
会場ではあちこちで名刺交換や談笑が始まり、様々な企業と交流するもよし、一対一でじっくり話すもよし、各々がそれぞれの形で楽しんでいました。

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo